白狐の雑記帳

大学4年の秋、ふとした出来事から初恋を経験した管理人は、その後の人生が大きく変わってしまい・・・!?日記を通じて、こんな人生もあるんだって事を多くの方々に知って頂ければ嬉しいです。
TOPスポンサー広告 ≫ 3/21 大学生活最後の一日(5) 追いコン終幕、そして僕は・・・TOP大学生活 ≫ 3/21 大学生活最後の一日(5) 追いコン終幕、そして僕は・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

3/21 大学生活最後の一日(5) 追いコン終幕、そして僕は・・・

3月21日の僕の長い“戦い”を記した一連の日記も、いよいよ今回でラストです。
今回も相変わらずの長文となってしまいましたが、最後までお読み頂ければ幸いです。

僕たち卒業生のサプライズ演出もあって大いに盛り上がった追いコンも、
21時を過ぎようかという時間になって後片付けが始まったことから、
いよいよその閉幕の瞬間が近づいてきました。

一通りの後片付けを終えてからは、参加者全員で集合写真を撮ったのですが、
4月からは名駅のすぐ近くに出来た新名古屋キャンパスに一部の学部の学生が移る予定で、
今のメンバーでこうして写真を撮るチャンスも本当に最後であったことから、
それはそこに写っている誰にとっても本当に貴重な1枚となりました。

撮影後、電車やバスの関係で一部の後輩たちは帰宅していきましたが、
僕にとってはむしろここからが大事な時間でした

だってそれは、彼女が追いコンに参加してくれたのであれば、
彼女と一緒に写っている写真を絶対に撮ってもらって、
帰りも絶対に一緒に帰らせてもらうんだって、
迷うことなく決めていたから。

だから、集合写真を撮ったすぐ後に、
幹事の子に「学年別に卒業生との記念写真を撮らせてもらっても良い?」って声を掛けました。

後輩の皆はそれに快く応じてくれて、“2年の皆と”という形ではあるものの、
自分のカメラに彼女と一緒に写った写真を残すという、この日最大の目的を果たすことが出来ました。


ちなみに、その写真を撮る時、○○ちゃんと××くんがさりげなく
彼女が立つ前のポジションに僕を誘導してくれました


その場ではノーリアクションを装っていましたけどが、
僕のことを気遣っての2人のその行動が心の中では本当は嬉しくて・・・

実に良い友達を持てたなぁと思いました。


また、OB・OGの皆さんにも写真を撮りませんかってお願いさせて頂いたのですが、皆さん快諾して下さって、
OB・OGも、同級生も、後輩も、ウチのサークルは良い人しかいないって実感しました。


そして、追いコンの最後には、自ら志願して僕が〆の挨拶を努めさせて頂きましたが、
19日の日記で書いたあの内容がふと頭に浮かんだので、それを後輩の皆の前で語らせて頂きました。

―――皆、写真のことが好きでこのサークルに入ってくれたと思います。
僕は高校からカメラを始めて、この趣味をもう7年も続けているんだけど、
この趣味をやっていて一番良い点は、撮った写真とともに、その1枚1枚を撮影している時に、
そのエピソードが頭の中に記憶として残ることにあると思います。

だから、上手いとか下手とかは関係無しに、皆もこれからはどんどん写真を撮っていって、
何年か経った後にその写真を見返した時に、「そう言えばこんな出来事もあったなぁ」って思えるように
活動をしていって下さい。

今日はこのような素敵な追いコンを企画してくれて、本当にありがとうございました!


〆の挨拶は元々するつもりなんてなかったので、練習なしで臨んだのですが、
自分でもビックリするくらいに次の言葉が頭の中から出てきて、結果、大いに喝采を浴びました。

そして、幹事の子の号令で追いコンはいよいよ終幕を迎え、皆が帰宅する時間となりました。

僕が彼女と大学から一緒に帰宅を果たす最後のチャンスであるわけですが、
ここで思い出されるのはあの出来事

だけど、今回は、××くんをはじめとして親しく接している部員たちが一緒の電車に乗り合わせてくれたので、
僕は彼女を含めた皆と、楽しく会話をしながら帰宅を果たすことが出来ました。

途中、N駅からは僕と彼女の2人きりになって、そこで僕がした話と言えば、
卒業式が学長の長いわりに印象に残らないスピーチのせいで長引いて、その後のスケジュールがグダグダだったんだよって、大したことのないもの。

だけど彼女はその話に笑ってくれて、僕はそれだけ幸せでした。

そして、彼女は前と同じくM駅で降りて行きましたが、僕はこう言って別れました。
「今までお世話になりました。これからも元気でね」って。

結局、僕はこの日、彼女に告白をすることはなかったのですが、
今こうしてこの文章を書いている僕の身からすると、
それは正しい判断であったとはっきり断言できます。


だってそれは・・・
おっと、これ以上無駄に文章を長くすると、
皆さんも読むのが疲れるでしょうから、その話はまた今度!


なにはともあれ、大学生活最後の一日を最高の形で終えることが出来た点に、僕は本当に満足しています。
これからはOBとして、サークルの皆のことを温かく見守っていきたいなと思います。


(fin.)

※21日の出来事を綴った一連の日記はこれをもって完結です。
最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございました。



☆FC2ブログランキング参加中☆ ポチッとお願いします。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

白狐

Author:白狐
愛知県に住む「追夢人」です。
     
このブログでは、大学を卒業し、新たな夢・目標を見つけた僕が、それに向かって努力していく日々を克明に記していきます。

(9/14)
夢への道は、新たなるステージへ。

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪問者数
FC2ブログランキング参加中
当ブログはFC2ブログランキングに参加しています。応援して頂ける方はバナーをポチっとお願いします。

FC2Blog Ranking

名探偵コナン
名探偵コナン全事件レポート編纂室バナー
現在時刻は・・・?
時間は有効に使いたいよね。
読書メータ
今年読んだ本の記録です。
白狐さんの読書メーター
週間天気WIDGET
今週の名古屋の天気は・・・?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。